スイス旅行でお勧めの場所について


top
画像参照:Dennis Jarvis

ヨーロッパのスイスという国はフランスとドイツ、イタリアなどに隣接する国となっており、細長い地形で有名です。西部のほうはフランスに隣接しているためフランス語をしゃべる人も多く、チューリッヒに行くとドイツに近いことからドイツに雰囲気が似た感じの町という印象があります。

スイスを旅行するのであれば、まずジュネーブに入り、レマン湖沿いに北上し、ローザンヌを経由してチューリッヒ方面に行くルートがお勧めとなります。レマン湖はスイスとフランスに跨る大きな湖。このルートであればレマン湖の雄大な自然を堪能することができますし、オリンピックの委員会の本拠地のあるローザンヌの観光も楽しむことができます。レマン湖は実に全長が70キロ以上ありますので、海のような錯覚を起こすような景色を堪能でき、途中にいくつもの古城がありますので、その気になれば古城に宿泊することも可能になるのです。
チューリッヒはスイス最大の都市ですから都市化した雰囲気はレマン湖周辺とはまったく異なるものになりますが、それなりにスイスらしさを味わうことができます。またあえて都市部に足を踏み込まずにアルプス方面を旅するという方法もあります。インターラーケンからツェルマット、サンモリッツなどを周遊し、登山鉄道に乗って雄大なアルプスの景色を見るというのもお勧めのスイス旅行になります。冬場はなかなか足を踏み入れられないエリアになりますが初夏から秋にかけては気候もよく楽しむことができる旅行となることは間違いありません。

この地の食べ物の名物といえばチーズフォンデュがあります。煮立てたチーズに様々なものをスティックで挟んでチーズをつけて食べるものですが、面白いのは日本のしゃぶしゃぶと同じスタイルのフォンデュシノワというものもあるのです。こちらは若干味のするコンソメスープのようなものに肉を入れてしゃぶしゃぶと同じ要領で食べていくことになるのです。日本とは大きく異なる雄大でしかもきれいに整った自然を見て回ることができるのがスイス旅行の醍醐味となります。そんな合間に名物料理に舌鼓を打つのもいい思い出になることは間違いないものになります。冬の期間は日本よりかなり寒くなりますので、やはり季節をよく考えて旅行を設定することが楽しい旅を実現する第一歩となります。もちろん周辺国も近いですからフランスやイタリアに足を伸ばすのもひとつの考え方です。

おすすめ海外ホテル検索サイト

花蓮ホテル | ハワイホテルトリップワサビ | シンガポール満員御礼ホテル |グアムホテルトリップワサビ